自動散水システム(DIY編)

  • 2013.12.19 Thursday
  • 16:09

 今日は (株)フォーアーツデザインの弥江子さんと高木さんが打ち合わせの為いらしてくださいました。 弥江子さんの会社はデコラティブペイントという特殊な塗装技術で壁面を仕上げたり(あのアミューズメントパークでもお仕事されていたり、日頃目にするあの店舗もあの店舗も) ホンモノ?と思わせるようなテクニックを専門としています。

建築業界ということもありまたお子さんもいらっしゃることなど共通している事も多く話し一つ一つがとても勉強になります。

競合と同じ土俵で闘う事を考えず、自分達しかできない事を武器としよう、とあらためて。





写真は打ち合わせ後に立ち寄ったパタゴニアサーフ様。
偶然なのですが、こちらの自動灌水設備は弊社が代理店をしております グリーンコムジャパン(Orbit日本正規代理店)の製品です。 代理店ではありますが、セルジオはグリーンコムのエンジニアも兼任しております。
こちらはDIYで簡単に蛇口に取り付けられるタイプです。 

これからは益々こういった緑を楽しむ為の設備が必要となってきます。
DIYでされる場合も、完全自動な散水も是非お気軽に相談ください♪

プレジャーガーデン株式会社
http://www.pgarden.com    


Facebook page
http://www.facebook.com/PGardenco.Ltd/

注文殺到 自動散水システムはお庭を愛する人の救世主です

  • 2013.08.08 Thursday
  • 11:16
 
(先日設置させていただきました T様邸設置例  芝生は専属のガーデナーの方が貼られました)

今日も早い時間から 猛暑化していますね。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年は例年よりも多く 自動散水システムのご依頼をいただいております。


個人的はもとより、企業様、施設様 などなど。。。



(別のクライアント様による過去の設置例 設置前の写真)

システムを設置される前は ↑↑↑ のように 芝生の上に常時ホースを這わせ、蛇口をひねり散水。

または ホースの先端を持ち、ゆっくりと歩きながら散水。 十分な散水を、、となると上のサイズのお庭でも2時間コースですね。




暑いので自力ではもう無理・・・


それが一番大きい理由であることには間違いありませんが、家庭家庭に要望される背景は様々です。

・子供が成長し、庭に費やせる時間が減ってしまった
・介護をしなければならなくなった
・(ご自身の) 体調を崩された
・自分で散水をしていた数時間を他の仕事に充填したい
・散水をするスタッフを雇えなくなった
・体力を温存しなければならなくなった
・共働きで時間がない

などなど、、、、、
理由は様々です。

しかし、こういったシステムに頼ると

「ご近所に怠け者、、と思われるのではないか」

「真の園芸家ではない、と思われるのではないか」

と思われる方も多くいらっしゃいます。


前者に関しては、ご近所にどう思われるか、、もおつきあいの上では大事かと思いますが、それを考えすぎるあまり
無理をして体をこわしたり、または庭の設計を変えなおしたりする(実際には多い)
するのも 不健康な考え方だと思います。

後者に関しては ”真の園芸家” の定義が異なると思うのでそれに振り回される必要はないと思います。



加えれば、
これはWisley (ロンドン)での1ショット。
至る所に 必要に応じたスプリンクラーが設置されています。




苗売り場には上から散水





2010年時建設中のローズガーデンは灌水設備の工事まっただ中で、看板文中には

”Keep the plants healty and looking their best" ともあります。



つまり、、 ”植物目線” が第一です。 

なので ”真の園芸家ではない” という考え方はちょっと違うのではないか、と個人的には思います。

ただ、勿論、自ら植物に語りかけながら水やりをする楽しみをお持ちの方も多くいらっしゃるのでその楽しみを
否定することも致しませんし、 庭をもつ醍醐味であるとも思います。

システムをつけても 自分で水やりを楽しむ範囲を残す方もいらっしゃいますし、
体の自由が許すのであればとても素敵な事だと思います。




T様邸



T様邸



今回T様邸には 2種類のスプリンクラーと 灌水チューブで芝生と植え込み部分の散水を行う設計としました。


配管は全て地下で行っているため 景観も損ねませんし、置きっぱなしのホースによる芝生の傷みもありません。


庭は心のバランスをとる大事な空間でありますが、 健康に不安を抱えていらっしゃる方や時間のやりくりが難しい人の
闘う場となってはいけないと思います。

そういった方こそも、ゆっくりと庭を楽しむ必要があるのですから。 


「見事なお仕事ぶりに感謝します」

今回もそう言っていただけました。

職人にとっては何よりのご褒美です。

そして
「これで(いつも庭を手入れしてくれている人を) 少し楽にさせてあげられる」

お役にたてて何よりです。 


プレジャーガーデン&リビングでは 散水のスペシャリストが皆様のお庭に応じた散水プランを設計・施工いたします。

バラ研究家 梶みゆきさんのお庭をはじめ プロの方向けの設置もしております。

設置事例一部ご紹介 →→→ こちら


別荘のお客様にも大変好評ですので是非一度お問い合わせください。


皆様からの御相談心からお待ち申し上げます


プレジャーガーデン株式会社
http://www.pgarden.com

Facebook Page
http://www.facebook.com/PGardenco.Ltd





イベントのお知らせ  
↓↓↓ クリック

薪ストーヴのある暮らし 無料相談会・布雑貨展 





自動散水システム うち合わせ

  • 2012.09.01 Saturday
  • 23:54


某企業様と個人邸向け自動散水システムのうち合わせ。

(写真は蛇口につけられるタイマー、スプリンクラー本体、電磁弁、チューブ等)


規模、内容によりそれぞれの設計が可能なため、個人的に限らず店舗様、商業施設様などへの設置も多く
行っております。

自動散水システム施工例 →→→ こちら


節水だけでなく 植栽にあった適切な水やりが行えます。

体力的な問題や時間的な問題、商業施設、福祉施設等などは 人件費の問題など様々な理由から相談を
いただきます。


庭をお作りになる際の設置が理想ですが、すでに作られた花壇、芝生への設置も可能です。


確かに暑い、、
毎年毎年暑くなっている気がします、、

毎年「今年の夏は暑かった」
と口々に言います。。


別荘の管理を請け負っている知り合いの業者さんは 水やりも行っているそうですが
「プレジャーガーデンのお客様のように スプリンクラーつけてくれないと身体がもたない・・」
だそうです。

植物にとっても人間にとってもストレスの少ないシステムだと思いますので 是非是非ご検討ください。


---------------------------------------------------


さて、こちらの企業様とのうち合わせの話のなかで海外先進国の草刈り事情について話をききました。
アメリカでは州によって草刈りが禁止されている地域もあるようです。(フリーウェイ脇の草刈りなど)


草刈りをする際発生するCo2、草刈りをした後の大量の草を処分する際に発生するCo2対策だそうです。 

そこで導入されているのが 植物の成長抑制剤だそうで、それを使用することで草刈りの頻度をコントロールしているのだそう。

色々な選択肢の中でその状況を救えるのに「何が一番リスクが少ないか」、、、もう「何がベストか」と一つの解決策に絞れない状況になってきているのですね。  
今に始まった事ではないのでしょうが。
そして草刈り時に発生するCO2問題に限らず、色々な問題を解決して行く上でも同じだと思うのですが。


地球はこれからどうなってしまうのか、、
でも
もしかしたら 人に運命がさだめられているように 地球にもどうすることも出来ない宇宙的な運命がさだめられているのか、、
とも思ったり。

どうなのでしょうか。



ご相談心よりお待ち申し上げます。
プレジャーガーデン株式会社
0470−80−2250

★プレジャーガーデン HP
http://www.pgarden.com


★プレジャーガーデン Facebook page
http://www.facebook.com/PGardenco.Ltd



ハンギングハスケット とその管理

  • 2011.02.11 Friday
  • 21:48
 今日お電話を下さりました業者さんに 店の所在地を説明するのに

「道路側に”ハンギングバスケット”がかかっています」と伝えたところ、その方が

「何バスケットですか?」と。

「ハンギングバスケット、えっと、壁から花の植わったバスケットが下がっています」と私。


もしかしたら ハンギングバスケットがどういうものかご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので街で見かけたハンギングバスケットをいくつか紹介します♪

ハンギングバスケット:通常はつり下げようのワイヤーがついた金物や樹脂製のバスケットの中にココヤシで作られたマットが敷いてあり、そこに用土をいれて植物を植え楽しみます。



冬バージョン 天井有りの場所
デンマークカクタス


冬バージョン 天井有りの場所
ポインセチア


冬バージョン 天井なし
ハボタン


冬バージョン 天井なし
パンジー + ビオラ 他


初夏バージョン 天井なし
ベゴニア + カラーリーフ


初夏バージョン 天井なし
ベゴニア + カラーリーフ


使う植物によって ナチュラルな感じ、ソフトな感じに仕上がったり、洗練された感じに仕上がったり、、色々ですね。
用途に合わせ 上の写真を参考に作ってみてはいかがでしょうか?

もっと詳しくハンギングバスケットについて知りたい方は 日本ハンギングバスケット協会へ。
丸の内エリアでは沢山のハンギングが楽しめますよ♪



そして これは ガーデニング本家 イギリスのハンギング 7月の写真です。

フクシア + ベゴニア 他

イギリスは夜も暗くなるのが遅いので店先に看板を照らすなどの照明をつけても早い時間では目立ちません。
なので パブが 店を目立たせるためにハンギングを吊していて 故に町中にハンギングがあるらしいです♪ 


*ハンギングバスケットは常に風にさらされている為、乾燥に注意しないといけません。 

高い場所にあるため 水やりが大変ですが、便利な散水システムもございます。
商業用としてハンギングをお考えの場合、マンパワーのコスト削減では絶対に必要になってくるシステムです。 是非お問い合わせ下さい。 
プレジャーガーデン株式会社 0470-80-2250

recent comment

  • マンションベランダが 素敵なアウトドアリビングに!
    pg (07/23)
  • マンションベランダが 素敵なアウトドアリビングに!
    wako (07/17)
  • 植木買い付けデート
    pg (04/02)
  • 植木買い付けデート
    みさき (04/02)
  • 週末雑感 〜無知を知る 色々と考えさせられた週末〜 
    pg (09/10)
  • 週末雑感 〜無知を知る 色々と考えさせられた週末〜 
    赤い風車 (09/09)
  • Team salt'n sesami charity dinner  〜東北・福島へ〜 
    kugarina (09/06)
  • Team salt'n sesami charity dinner  〜東北・福島へ〜 
    飯野ママ (09/06)
  • 注文殺到 自動散水システムはお庭を愛する人の救世主です
    Quol(クオール) (08/10)
  • 店舗工事 〜祝開店 Natural warm様〜 
    pg (03/07)

Garden and House Remodeing Concierge Service

ガーデン、リフォームでまずは相談だけしたい、という方におすすめのサービスです。 お客様が抱えているお悩みや問題点を整理し次に進むための準備をお手伝い 致します。 http://pgarden.com/blog/?p=1963 

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM